>  > 風俗嬢に童貞がバレた

風俗嬢に童貞がバレた

バイト先の先輩達と一緒に風俗に行きました。そのお店にはすっごくエロい痴女がいるという噂を聞いていたので、さっそくその嬢を指名しました。この指名をした嬢は私がこれまでに感じたことがないくらいにエロい子でした。もう顔を見ただけでそのエロさがわかります。そして私は童貞なのですが、この童貞であることを瞬時に見極めて「あれれ?もしかしてもう発射寸前?」なんて意地悪を言ってきます。もちろん必死で耐えていたのですが、もう耐えられないところまできているんですね。悔しいですが、もう完全に風俗嬢に主導権を握られています。結局そのまま嬢の手の中に発射してしまいました。こんなに情けないことになるなんて…もう残念で仕方ありません。でもそれから3回も連続でイカされてしまいました。私はこの嬢が大好きになりましたし、一緒にいるだけでも興奮しておかしくなってしまいそうでした。最高に気持ち良い思いをさせてもらえたので今度は私ももっと責めて気持よくしてあげたいと思います。この痴女はすごかったです。

暑がりすぎる風俗嬢にイラッ!

部屋に招き入れてから時間を決めようと思っていたのですが、この風俗嬢はもう暑い暑い!ってそればっかり言うんです。設定温度は23度ですよ?それなのに暑がるのでもうどうしようもありません。これはもう直接身体を冷たくしてやるしかないと思いました。お風呂に超冷たい水を溜めて「そこに入っとけ」と半ば当て付けのように言ったんです。そうすれば鬱陶しい暑い暑いの連呼を止めてくれると思ったんです。お風呂場に連れて行って「はいどうぞ!汗でも流したら?」と言うと本当に入って行くんです。え?マジで?と思って衝撃的ではありましたが、それでも本人はキャッキャ言いながら楽しそうにしていたのでまあ良いのかもしれません。もちろん私は引いていますし、風俗嬢の身体が冷たくなって黒い乳首が余計に黒くなったのを見逃しませんでしたよ。まさかここまでど黒い乳首になるとは想定外でした。それからは一応乾燥レーズン乳首を舐めましたが冷たくなっていてちょっと可哀想なくらいでした。パイズリし始めたらすぐに暑いって言い出したんですけどね。

[ 2015-12-21 ]

カテゴリ: 風俗体験談